沿革・グループHISTORY/GROUP

COMPANY HISTORY会社沿革

昭和10年12月(1935年) 川崎市川崎区鋼管通り1丁目において飴製造業及び菓子問屋として田中商店創業。兄・田中友之助氏の石黒飴店(大森)で外商をしていた田中盛之助が23歳で独立。「田中商店」として菓子卸と小売を始めた。
昭和20年4月(1945年) 空襲で店舗焼失。
昭和20年5月(1945年) 盛之助召集、佐倉七四部隊に入隊も8月終戦。終戦後、鋼管通り兵舎跡の公団住宅において、飴製造を再開。 食べ物に不自由していた時代でもあり、製造した飴は飛ぶように売れ、石油缶に百円札が入りきらなかったほど。
昭和27年2月(1952年) 田中製菓株式会社に改称
資本金500万円 業務拡張のため、川崎市川崎区池上新田に移転。産業道路に面した土地に270坪のブロック二階建ての建物を作り、問屋部門を拡大。飴製造を止め、アイスクリームとアイスキャンディーの製造のみ続けたが、それも昭和38年頃には問屋業務専門となる。当時の田中製菓の年商は12億円ほど。
昭和35年頃(1960年) タバコ販売の許可取得 当時、専売公社であった現日本たばこはパチンコ店に対してタバコを直接販売しなかった(現在も直接販売はしていない)。そのため、タバコも扱えないかというパチンコ店のニーズに応え、タバコ販売も開始。これがパチンコ業界を知るきっかけとなる。
昭和42年9月(1967年) 川崎市幸区神明町(現住所)に新築移転 産業道路沿いにあった池上新田の店舗を高速道路建設のため敷地の半分を売却しなくてはならなくなった。そのため、昭和40年に現在の第二京浜国道沿いに500坪の土地を買収し、昭和42年9月に新社屋が完成。商圏も関東一円から福島県にまで広がり、当時の年商は65億円と、飛躍的に伸びた。
昭和47年7月(1972年) 田中製菓株式会社現金卸部門を開設
昭和53年12月(1978年) 現金問屋田中屋鶴見店開設
昭和56年12月(1981年) 現金問屋田中屋関連市場開設
昭和57年10月(1982年) 吉兆グループ創業
吉兆プルミエ店オープン 相次いで現金問屋を開設するも田中屋鶴見店の敷地は使い勝手が悪く、遊んでいる土地が200坪ほどあった。空いているその土地を得意先で、あるパチンコ店から店を出すから貸してくれないかと依頼が来たために、他人に貸すよりは自分たちで始めてはどうか、と考えたのが田中製菓株式会社がパチンコ業界に進出するきっかけとなる。当時、パチンコはブームの兆しにあったが、まだまだ店舗は駅前が中心。大規模な駐車場付の郊外型店舗というのはほとんど存在しなかった。しかしながら、当時田中製菓で営業廻りをしていたグループ代表・田中秀雄氏は、郊外の田畑の真ん中に広い駐車場を完備し、成功を収めているパチンコ店の存在を知っており、十分、営業は成り立つと見込んでいたのだ。
昭和59年10月(1984年) 吉兆横浜鶴見店オープン
平成4年11月(1992年) 吉兆横浜西寺尾店オープン
平成4年12月(1992年) パーラー吉兆オープン
平成6年8月(1994年) 吉兆東名川崎店オープン
平成6年12月(1994年) ジョイフル吉兆横浜西寺尾店オープン
平成7年4月(1995年) 株式会社キャスブレーン設立
平成9年12月(1997年) 吉兆川崎中央店オープン
ジョイフル吉兆川崎中央店オープン
平成12年5月(2000年) ガーデン吉兆川崎中央店オープン
平成12年12月(2000年) 吉兆川崎野川店オープン
ジョイフル吉兆川崎野川店オープン
平成15年2月(2003年) 吉兆横浜駒岡店オープン
ジョイフル吉兆横浜駒岡店オープン
平成27年12月(2015年) 再生可能エネルギー発電事業開始
CASEnergy 大田原市寒井 運転開始
平成28年2月(2016年) CASEnergy 吉兆横浜鶴見発電所 運転開始
平成28年6月(2016年) CASEnergy 酒々井墨Ⅰ発電所 運転開始
平成28年12月(2016年) CASEnergy 常陸大宮発電所 運転開始
平成29年1月(2017年) 不動産賃貸(CASION鶴見第1)事業開始
平成29年3月(2017年) CASEnergy 鳥羽安楽島発電所 運転開始
CASEnergy 宇陀室生発電所 運転開始
CASEnergy 出雲雲南発電所 運転開始
CASEnergy 酒々井墨Ⅱ発電所 運転開始
平成29年8月(2017年) CASEnergy 横浜鶴見プランドール発電所 運転開始
平成29年12月(2017年) CASEnergy 筑西蓮沼発電所 運転開始
平成30年5月(2018年) CASEnergy 桜川大国玉発電所 運転開始
平成30年12月(2018年) CASEnergy 渋川北橘発電所 運転開始
令和元年9月(2019年) CASEnergy 吾妻高山発電所 運転開始
令和3年3月(2021年) CASEnergy 南紀白浜発電所(仮称) 運転開始予定
令和3年9月(2021年) まち~クタウン横浜尻手(仮称) オープン予定

GROUPグループ

田中製薬

店舗運営で培ったノウハウを事業化 「キャスアライアンス」

キャスブレーン、キャスメディア(店内装飾・広告の企画・制作)、PDシステム(情報システムの企画・制作)などからなるキャスアライアンスは、吉兆の店舗運営により培われたノウハウを外部に提供することで収益構造の多面化を図るとともに、吉兆各店に来店されるお客さまに対してパチンコに留まらない、新しいアミューズメントサービスの実現を目指しています。

事業化例:メディアデザイン

キャスメディアは、グループ内店舗を彩るポスターやポップの企画・デザインを行う「インハウスカンパニー」として創業しました。店舗運営の現場に密接に関わり、実績を作る中で、広告業務を始めとした様々なご依頼・ご相談を頂き、その業務領域を広げて参りました。現在では、印刷物の企画・デザインを始め、印刷、製本及びコピーサービス、ホームページの企画・制作・運営、各種看板の企画、設計、施工などの多岐にわたるサービスを民間企業・官公庁などのグループ外へも提供しています。

  • ホールの装飾デザインを企画・制作

    ホールの装飾デザインを企画・制作

  • 店内ポスターやポップの作成

    店内ポスターやポップの作成

事業化例:再生可能エネルギー事業

わたしたちは地球温暖化防止、CO2削減のため、省エネルギー・節電対策に積極的に取り組んでいます。その一環として、2016年2月、吉兆横浜鶴見店にて太陽光発電を開始しています。店舗駐車場の屋上に太陽光パネルを519枚設置、同店舗の空調設備の一部は太陽光発電から供給、稼働中です。また、横浜鶴見店にて培った太陽光発電システムの構築・運用ノウハウをもとに日本全国各地に太陽光発電事業を展開、政府の再生可能エネルギー促進政策にも積極的に協力しています。

  • CASEnergy吉兆横浜鶴見発電所

    CASEnergy吉兆横浜鶴見発電所

  • CASEnergy 鳥羽安楽島発電所

  • CASEnergy 鳥羽安楽島発電所

事業化例:不動産賃貸 (CASION鶴見第1、メゾンプランドール)

急速に進む少子化、高齢化、人口減少による空き家問題など日本の不動産業界を取り巻く環境は大きく変貌を遂げています。このように激変する経営環境において、これを素晴らしいチャンスと捉え、積極的に自ら変化を遂げる企業として日々進展をしています。CASION鶴見第1は元々社員寮として運営していましたが、勤務体系の変化によって空き室が目立つようになり、現在は賃貸物件として活用しています。

  • CASION鶴見第1

    CASION鶴見第1

  • メゾンプランドール

    メゾンプランドール